ぷ~ちゃんといっしょ♪ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギタリストたちの華麗なる饗宴


RIMG2604_20100712213838.jpg

久しぶりのコンサートです!
(クリックで大きくなります。)



7月11日(日)「ギタリストたちの華麗なる饗宴」@秋川キララホール に行ってきました。

毎年夏に、ギタリストのお友達と村治奏一さんのコンサートを見に行くのが、ここ数年恒例となっているのですが、去年は近くでのコンサートがなくて行けなかったから、久しぶりでワクワクしました。

出演者は、奏一さんのほか、荘村清志さん、福田進一さん、鈴木大介さん、大萩康司さんの5名。豪華メンバーです。

ひとりずつのソロが一曲ずつと、あとはアンサンブル。曲の合間のトークも、ほのぼのと楽しく、みんなで演奏したときは、お互いをたたえあって、肩組んで退場したりする様子が微笑ましくて、仲間っていいなぁ、音楽っていいなぁ、って、思いました。

曲目は、アンコール以外は「アルハンブラの思い出」しか知ってる曲がなかった(←ど素人^^;)けど、それでも存分にクラシックギターの世界を楽しむことができました。

どの演奏も素晴らしかったけど、やっぱり私は奏一さんが一番好き! 一音一音、大事に弾いていて、音符のひとつひとつの表情が豊か。音色や強弱を「色」とするなら、どの音をとっても「この音は、この色がベスト!」って思えるほど、考えられていて、鳥肌立っちゃった。

そして、なんといっても、あどけなくて可愛らしい!!! オジサンになった奏一さんは見たくないなぁ・・・なんて、今から心配しているんですけど、ま、その頃には、私も寿命かもしれませんね。^^;

いや~、やっぱり、ギターって「弾く」もんじゃなくて、「聴く」もんです。「音を出す」段階で四苦八苦している私のギターなんて「音楽」じゃないや、なんて思っちゃいました。^^;



ところで、この日、ひとつだけ、ツイていないことがありました。。

それは、ひとりで来ていた隣のおしゃべりオバサン。。ちっとも静かにしていないし、何をするにも動作が大きくて、気が散りました。どんな風かと言いますと・・・

隣の隣のオバサンに、

「私、○○(出演者のひとり)の弟子なんですよ。」

と話しかけ、延々とおしゃべり。

席と席との間にある、ひじ掛(←ひじをのせにくいように尖っている)にひじを乗せるから、私のスペースが狭い。。

演奏中に、プログラムを「んば!」と大きいアクションで広げ、

ペットボトル入りのサイダーを「プシュッ!」と開け、

オペラグラスを使うときも、ひじを張ってジャマ。。

やたら元気かと思えば、演奏中、私に倒れ掛からんばかりにして、爆睡。。

そのくせ、演奏が終わったとたん、両手をあげてオーバーに拍手して、

「いやぁ良かった。素晴らしい。引き込まれちゃったわ。」(←ひとり言)

なんて言いながら、私が持っているプログラムの、村治奏一さんの顔写真を横から指差し、

「この一番若い子、良かったわよね。曲の作り方がすごくいい!」

なんて、なぜか「上から目線」でホメたりします。(--#)

タノムから話しかけないでくれ!っていうオーラを漂わせてみるも、効果なし。



コンサート終了後、

「村治?奏一?さん、って、いくつなの?」

と聞くので、

「さぁ? 25くらいだと思います。」

と答えると、

「カワイイわよねぇ!!!」

と、どうやらファンになった様子。

大好きな奏一さんのファンが増えるのは嬉しいことだけど、このオバサンは、「ファン仲間」としては、ちょっと受け入れがたいです。。

・・・今度こういう人が隣に座ったら、外人のフリしよう。。(=話しかけにくい雰囲気)


プロフィール

愛車ぷ~ちゃん('97式 プジョー306Xsi)と暮らす日常を書いています。

〇過去10年分の日記もホームページにて公開しております。(下部リンクよりご覧いただけます。)

ゆみ

作者:ゆみ 

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

全タイトル一覧

ブログ内検索

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。