ぷ~ちゃんといっしょ♪ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯を抜かない治療

久しぶりに歯医者さんの話題です。今回は歯医者さんを新規開拓いたしました。

なぜ以前のとこではダメだったのかと言うと・・・

「抜かないとダメ。」

と言われたからでして・・・

問題の歯は右の奥歯。子供の頃、虫歯を放置して、枠だけになってしまい、痛くなるたびに、

「どうしても抜きたくない!!!」と先生にお願いして、直していただいたのですが、今年また痛くなったので診ていただいたところ、以下の三択となりました。

1:体調を良くして免疫力を上げ、自然治癒力で炎症を治す

2:抜く。この歯はもう寿命。治療は抜く以外に方法はない

3:抗生物質を飲んで炎症を抑える

抗生物質はイヤだし、抜くのはもっとイヤ、免疫力も頼れない・・・なんとか抜かずに治してくれる歯医者さんはいないものか・・・

と、ネットで「根の治療」や「根管治療」で検索して見つけた日本歯内療法学会というサイトの「指導医一覧」の中から、通えそうな歯医者さんに行ってみることにしました。

新しい歯医者さんは、通勤路の途中にあり、Pもあるので車で通いやすいです。中に入ると、待合室の壁に感謝状がずらーっと飾られていて、期待できそう。

やさしそうな先生に今までのいきさつをお話して、レントゲンを撮っていただき、「抜きたくないこと」をお伝えすると、

「なんで、この歯を抜かないといけないのか、わからない。歯を残すのが歯医者の使命です。」

と頼もしい。

あぁ、来て良かった!!

早速治療をお願いして、通うこと9回・・・途中喘息発作で中断したりして、時間がかかってしまいましたが、先月やっと終わりました。

黒くなっている部分が化膿しているとのことで、図のような治療をしていただきました。


ha1.jpg

ha2.jpg

ha3_20110306175136.jpg

ha4_20110223165142.jpg


※「埋める」と書いてしまいましたが、「かぶせる」の間違いです。(^-^;)

治療中はこの状態にしてもらって、帰るのですが、↓

ha6.jpg


分割した歯と歯の間に、つっかえ棒の役割をしているモノ(透明の樹脂)が、いつの間にかなくなっていることが2度あり、歯科衛生士さんにそのことを告げると・・・

「食べてしまっても大丈夫ですヨ♪」

と言われるのですが・・・そういうことじゃなくて、取れないようにしてもらいたいもんです。(--;)



前回まで通っていた歯医者さんは、治療費は高かったけど、終わったあとにガチャガチャをやらせてくれたり(子供のみ)、チョコをくれたり、癒しグッズが置いてあったり、いろいろな工夫がされていたけど、

こちらは癒しグッズはおろか、歯石とりもクリーニングも歯ブラシ指導もなく、ただひたすら治療するのみで、レントゲンを撮っても500円くらい・・・と治療費が安かったです。お医者さんによってずいぶん違うんですね。



今は、毎食後、歯間ブラシを通してお掃除しております。

最初は、

「こんなところに穴が開いているなんて、気持ち悪いなぁ。」

なんて思ったけど、実際やってみると、今まで金属でふさがっていて、手も足も出なかった部分が、直接お掃除できるので、なかなか良いです。

それにしても、最初の先生に言われるとおり、あっさり抜いてしまわなくて良かったです。歯は大事にしないといけませんね。


プロフィール

愛車ぷ~ちゃん('97式 プジョー306Xsi)と暮らす日常を書いています。

〇過去10年分の日記もホームページにて公開しております。(下部リンクよりご覧いただけます。)

ゆみ

作者:ゆみ 

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

全タイトル一覧

ブログ内検索

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。