ぷ~ちゃんといっしょ♪ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京博物館

IMG.jpg

この企画、あると知ったのが一週間前。



行きたい!と思いきや、すでにこの週末は予定アリ。でも、zenさん&あんずさんご夫妻も行かれるとのことで、私も予定をずらして調整し、9月10日(土)にご一緒させていただきました。

車好きは乗り物好き。乗って動けば、なんだっておもしろいんです。



さて、当日。集合時間も決まっていないまま出発し、10時半に到着。まずはひとりで下見。その後、お昼過ぎにおふたりと合流して、結局日が傾く頃までいました。

実際走っていた路面電車に乗れる特別展は、さすがに人が多かったけど、常設展は空いていたので、ゆったりと楽しむことができました。椅子があちこちにたくさん置いてあって、いつでも休憩できるのも良かったです。

いや~、楽しかった! 一日良く学び、よく食べ、よく遊びました!



RIMG1505.jpg

両国駅を降りると、たくさんのノボリ。気分が盛り上がります。

実は私は相撲ファン。

親戚にお相撲さんがいるので、子供の頃はちょくちょく両国の道場に遊びに行き、蔵前の国技館での大相撲は、おかみさんにマス席にご招待していただいたこともありました。

大人になってからは、若高(若乃花&貴乃花)ブームで盛り上がり、食い入るようにNHKの大相撲中継を見たり、若高とお友達になって、一緒に遊んでいる夢まで見るほどの入れ込みよう。

舞の海や霧島などの小兵力士が、大きな力士をやっつける様子は、金太郎のお話を見るようで楽しかったな~。

あの頃の盛り上がり、また戻ってきて欲しいものです。



RIMG1507.jpg

着きました。大きい建物なんですね!



RIMG1508_20110912192553.jpg

本日最終日。来れて良かった~



RIMG1510.jpg

入れ替わりに修学旅行生が帰るところでした。ナイスタイミング。それにしても、9時半会場なのに、まだ10時半。1時間で全部見たのかしら・・・



特別展の最終日、全国から鉄道マニアが詰めかけて、ごったがえしているに違いない!・・・と思いきや、

RIMG1511_20110912192634.jpg

意外なほど、ひっそりとしたエントランスを入って、



RIMG1512.jpg

さほど混んでいないチケット売り場で、入場券を購入します。



まずは待望の特別展へ潜入。

RIMG1514_20110912192713.jpg

特別展示室内では唯一の撮影OKスポット。ここは後からゆっくり見ることにして、最上階を探検しに行きます。



RIMG1515.jpg

展望室からの眺め
両国駅界隈を一望できます。

1階降りて、常設展も行ってみます。常設展って、なんとなくつまらないイメージだけど、まぁ見てみるか・・・・

RIMG1517.jpg

タイトルからして、やる気なさそう(^-^;)・・・でも、中に入ると・・・



RIMG1559_20110912193239.jpg

すごい! どどーんと日本橋がかかっています!!



RIMG1560_20110912193258.jpg

橋からは、江戸の町並みが見渡せます。建物の中に建物があるなんて、ビックリ!全然期待していなかったので、感動もひとしおです!



RIMG1519_20110912192810.jpg

演芸場もあります! ちょうど、この後落語があることを知り、一番前のベンチに座って、桂米福さんの「くしゃみ講釈」を30分間楽しみました。



その後、zenさんご夫妻から到着のメールをいただいて、合流。

すでに博物館に着いてから2時間経っているので、おなかペコペコ。早速7階の、レストラン「桜茶寮(さくらさりょう)」でお昼にすることにしました。

RIMG1543_20110912193123.jpg

カウンター席からの眺めはバツグン!
空間が広々としていて、くつろげます。(全席禁煙でした(^-^))



RIMG1542.jpg

せっかく電車で来たんだもん。飲まないと。
めずらしい「谷中しょうが入り」ビールをいただきました。



RIMG1545_20110912193142.jpg

大江戸弁当(1500円)
味はまぁまぁでしたが、天ぷらが揚げたてでおいしかったです。



食後は、特別展へ。今度はじっくり見ます。やっぱり、ひとりより、お友達とおしゃべりしながらの方が、格段楽しいですね。

(展示室内は撮影禁止なので、下の2枚はパンフレットの写真です。)

IMG_1.jpg

旧東京市営バス(円太郎バス) 大正12年製



IMG_0001.jpg

都電の系統板 昭和30年~40年
ガーナチョコレートって、今とほとんどパッケージが変わっていないんですね。

画像でお伝えできないのが残念ですが、線路の実物や、模型や写真で見るモノレール&バスの変遷、車掌さんの制服など、たくさんの展示がありました。

RIMG1549_20110912193201.jpg

こちらは屋外展示の都電6000系



RIMG1548_20110913190145.jpg

中に乗ることもできます。



RIMG1552.jpg

函館の除雪車「ササラ電車」。東京市電を譲渡したものだそうです。



特別展を見終わったところで、やや疲労気味になったので、

RIMG1555_20110912193220.jpg

1階にあるフィンズカフェ&レストラン(こちらも全席禁煙(^-^))にて、ひと休み。さつまいも+りんごのパイとロイヤルミルクティーのセットをいただきました。(550円) お値段、お手ごろで良いです。

電車の展示で鉄分を補給したあとは、糖分もしっかり補給したので、元気回復。6階の常設展へ移動します。

RIMG1538_20110912192848.jpg

昔の生活展示。右から2番目のと似たのが、ウチにあります。博物館レベルだったのか・・・。



RIMG1570.jpg

昔の生活体験。26kgの肥桶をかつぐことができます。(当たり前ですが、中身はホンモノじゃなくて、重石が入っています。)



RIMG1590.jpg

バタン式信号機と、市内均一料金の一円タクシー、通称「円タク」。(フォードA型)。



4715018_1312561470_167large.jpg

ひとりで乗ると20銭割り増し。なんか納得いかないなぁ。



RIMG1594_20110912193354.jpg

ダットサントラックG222型



RIMG1534.jpg

スバル360
目が合うと、つい笑顔になっちゃいます。



RIMG1595_20110912193415.jpg

お相撲さんだって乗れるんです。・・・って、かなり苦しそう。。(^-^;)

昔の建物や衣類、機械類の展示がある中、やはり車が置いてあると、嬉しいものですね。



隅から隅まで、ゆっくりと見学して、気が付いたら売店が閉まっていたので、我々も退出・・・なんと滞在7時間以上。いや~、見所満載で内容濃かったです!



博物館を出ると、そろそろ夕食の時間。やはり両国に来たからには「ちゃんこ」が食べたいです。

RIMG1599_20110912193457.jpg

・・・ということで、両国駅前の「安実」にて、反省会。
せっかく電車で来たのだから、飲まないと。(その2)

こちらのお店は全席喫煙だったのですが、周りに煙草を吸うお客さんがいなかったので、助かりました。(ぜんそくになってから、煙草の煙を吸うと、たちまち息が苦しくなります。)

これからは個室の居酒屋さんを探すのが、課題になりそう。



RIMG1600_20110912193516.jpg

ハモの湯引き
梅ダレの酸味が絶妙!



RIMG1602_20110912193536.jpg

「伊勢が浜部屋ちゃんこ」(2300円)を2人前注文しました。
お魚のつみれと、ナンコツ入りの鶏のつみれがメインです。



RIMG1603_20110912193555.jpg

お野菜もたっぷり、ヘルシー。
にんじんと大根が2個しかないのが、後に問題となりました。(←ひとつ足りない)・・・私は2切れ食べてないってば(笑)



RIMG1605_20110912193618.jpg

鶏つみれのコリコリした食感が最高!



RIMG1606_20110912193638.jpg

シメは雑炊。卵を入れたら火を止めるのがポイントです。ご飯もふっくら、おいしくできました(^-^)v



期待どおりの特別展と、期待していなかっただけに感動の常設展ですっかり満足して、両国ならではのちゃんこも堪能し、大満足の一日となりました。

zenさん&あんずさん、一日ありがとうございました。


プロフィール

愛車ぷ~ちゃん('97式 プジョー306Xsi)と暮らす日常を書いています。

〇過去10年分の日記もホームページにて公開しております。(下部リンクよりご覧いただけます。)

ゆみ

作者:ゆみ 

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

全タイトル一覧

ブログ内検索

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。